SSブログ

ダ・ヴィンチ・コード [映画[2006]]

出演:トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、イアン・マッケラン、アルフレッド・モリーナ他

監督:ロン・ハワード

原題:THE DA VINCI CODE               2006年 アメリカ

ダン・ブラウン著の大ベストセラーの映画化。期待が大きいからでしょうか?各方面から不満の声が聞かれますが・・・・・私はなぜそれほど酷評するのかわかりませんでした。きっと・・・・信者かそうでないかが、評価の分かれ目なのかもしれないですね。私は信者ではないので、普通の娯楽大作として受け止められました。それプラス、ボリュームたっぷりの原作を、巧くひとつにまとめ上げてたなとちょっと感心もしたりして。

あ、観る前に注意をひとつ・・・・原作読む読まないは個人の判断にまかせるとして、これだけは・・・・これを観る前に、『ピンクパンサー』を観ないでっ!!
理由はピンクパンサーを観ればわかるけど・・・・(笑)

 
ルーヴル美術館で、館長のソニエールが他殺体で発見される。奇妙なことに、彼は死ぬ前に暗号めいたもので自分自身を飾っており、その姿は、発見された時には レオナルド・ダ・ヴィンチの有名な『ウィトルウィウス的人体図』を模していたのだ。
パリで講演会を開いていたハーヴァード大学の宗教象徴学が専門のラングドン教授に、捜査協力の要請が入る。がそれは、現場にソニエール自身の手で彼の名前が書き残されてたことと、その日2人は会う約束を入れていたからだった。彼は容疑者なのだった。

そこへ現れたフランス司法警察の暗号解読官のソフィーが、彼の窮地を救う。
警察の監視を巧く潜り抜け、2人はソニエールの遺した暗号の解読にかかる。
そしてそれは、失われた聖杯伝説につながっていたのだ。

警察と彼らを追う謎の組織の2つの追っ手をかいくぐりながら、2人は着実に真実に近づいてゆく・・・・・
館長の命を奪った者の目的とは?そしてその後ろに見え隠れする陰謀とは?

ラングドンとソフィーの、命をかけた暗号解読の旅が始まった・・・・・


読んでからだいぶ時間が経ってたので、細かいところとかは正確に覚えてなくて、でも話の筋は知ってて・・・・なんかそれが良かったのかな?単純に楽しめましたよ~。ただ一度読んでるので、黒幕とか次の動きとかを観ながら思い出してしまうので、ちょっと集中に欠けたかもしれないです。が、楽しめました。

でもね、でもでもでもどうしてーーーーーも、ジャン・レノがぁ・・・(笑)
あのピッチリ変装スーツでのバックダンサー踊りが脳裏から離れなくって・・・。

ポール・ベタニーは、ポール・ベタニーだと思うから馴染めないんですよね。ハリソンと共演した時の悪役もそうでしたが、彼には冷酷さが足りないっぽいんです。でもまぁ今回は数時間がかりの特殊メイクの甲斐あって(白いから)、冷たさそうな雰囲気は出てましたね。でも・・・実際の色素欠乏症の色がどんななのか判らないですが、眼の色・・・・もっとどうにかしてほしかったです。特注でピンク色の虹彩+暗い赤の瞳孔のコンタクトを作るとかさ。
本当ならもっと知られてない俳優さんがすべき役柄だったのでしょうが、まぁ心配してたほど酷くなかったので、一安心。

トム・ハンクスの髪型が取り沙汰されてますが、何がどう変わってヘンなのか、よくわかりません。だって、トムのファンではないし・・・(笑)
興行の成功の鍵は彼の髪型にかかってる・・・とかなんだとか言ってましたよね(笑)それほど重要なのか??

でも、失われたと思ってた古の修道会やら秘密結社やら・・・・・(作品中の)現実にはうようよしてたじゃないですか!!石を投げればどちらかの系統に当たるくらいでしたよね?しかも警官とか大金持ちとか銀行の支配人とか、多岐にわたってます。これだけ広まってたら、秘密の保持は難しいんじゃないでしょうか?とか要らぬ心配をしてしまう(笑)
それに、最後にワラワラと教会に集まってきた人たちっ!!あんたらはソフィに危機が迫ってたとき、いったい何をしてたのか!!!と、喝を入れてやりたくなりますよね(笑)無視しながらでもいいから、きっちり守っとけよっ!!!って(笑)

アルフレッド・モリーナの印象がイマイチ薄かったのは・・・・・残念。

サーの演技、さすがホンモノのサーがサーを演じてるだけあって、よりホンモノらしかったです(意味わからん・・笑)

最後に一言・・・・・
   色恋話しが入ってなくって、ほんとーーーに良かったぁ~。


nice!(9)  コメント(25)  トラックバック(58) 
共通テーマ:映画

nice! 9

コメント 25

kenta-ok

本は読みましたが、まだ映画はみていませんが、近々足を運びたいと思っています。http://blog.so-net.ne.jp/kenta-ok/2006-05-21
by kenta-ok (2006-05-22 00:55) 

うるる

あ、これはタイムリーに記事アップ(笑)。
原作読んでる夫と予備知識ゼロの私と一緒に見に行く予定・・・のためいつ見れるかわかりませんが、楽しみにしています。
ジャン・レノの変態・・・じゃなくて変装スーツですね(笑)。
そういえば、今夜TVでしてましたねえ、ジャン・レノとブノワ! 1を見てないのに2から見るのもどうかと思って私はほとんど見なかったのですが、夫はずっと見ていて、見終わった後「よーわからん」とボソリ(笑)。

アルフレッド・モリーナが出てるんですかぁ。あんなデカいのに印象薄いんですか・・・これも注目しちゃいましょ。
by うるる (2006-05-22 02:05) 

ange

おはようございます。
>いったい何をしてたのか!!!
確かに、彼女はあまり守られてませんでしたね(笑)
秘密結社も存在が知られていて秘密はないですね。

小泉首相をまねた(笑)と言っていた髪型?も全然気になりませんでしたが。。
色恋話がなかったのは原作よりお気に入り~
短期間の話だし、淡々と進んでましたからここで出てきたらおかしかったですものね。
ベタニーはピュアな狂信者って感じで冷酷さはなかったですね。
TBさせてくださいね。
by ange (2006-05-22 09:17) 

こんにちは。
早速観られたんですね!私は先週のカンヌやジャパンプレミアでの評判が悪かったので、少々気落ちしてしまったのですが、やっぱり自分の目で観なきゃですよね。
原作は未読ですが大丈夫でしょうか??分かってしまうとまずいので、まみりんさんの記事を最初、最後だけ読ませて頂きました。『ピンクパンサー』??気をつけます!
by (2006-05-22 13:01) 

ピンクパンサー〜!見ました!この映画の前に・・・
この映画でもジャン・レノ踊ってませんでした?(; ゚×゚;)ぷぷぷ(幻?)
って同じフランス警察役にしてはギャップが・・・ありすぎ(笑)
この2本でフランスなまりの英語もだいぶ慣れてきたカモ・・・
あと車のsmartが欲しくなってます・・・
映画の方は、謎解きけっこう早い回転で進んでいったので、頭フル回転で結構疲れました(^^ゞ
by (2006-05-22 13:07) 

こんばんは。私はガッカリの酷評派です(笑)
本も斜め読みでしたが、映画も斜め撮り?って感じでした。
ポール・ベタニーのシラス役は原作を読んでいないと色素欠乏症と知らずに
ただの色白の人としか思わないかも知れませんね。
by (2006-05-22 22:41) 

KANAchanMaMa

はじめまして。(^_^)/ 公開初日に見て来た者デス。
私も、原作を読んでから だいぶ時間が経ってたので、細かいところ
とかは 正確に覚えてなくて、でも 話の筋は知ってて…状態で、それが
功を奏したのかもしれないと 思っているところです。^^;
そ~なんですか~。。。『ピンク・パンサー』の ジャン・レノって、そんな
だったんですか~。(-_-;) 見なくて よかった。。。
TBさせて下さいマセ!m(__)m
by KANAchanMaMa (2006-05-23 04:41) 

うるる

あら、踊るジャン・レノはピンクパンサーの方だったんですね。
じゃ、大丈夫だわ。
by うるる (2006-05-23 07:57) 

まみりん

お返事遅くなりましたー・・・すみません。

kenta-okさん、こんにちは。niceありがとうございます。
原作の内容を熟読してないので(笑)、どこらへんが変わってるのか全然判らなかったのですが(ソフィーとラングドンのイチャイチャが削られたのは判りましたが)、ここを削っちゃダメってな失態は犯してなかったと思います。(自信ないですが・・笑)
当分は混みそうですね~。

うるるさん、こんにちは。
だんな様は原作読んだんでしたね~。観終わってから読んでも大丈夫でしょう。解らなかった所を補足する感じで。
ジャン・レノは、もうどれを観てもダメかも(笑)それくらい強烈です→ピンク・パンサー(笑)DVD待ちでもいいので、観てみて!!
クリムゾン・リバーは、1と2では印象が全然違ったような気が・・・
アルフレッド・・・は、もっと悪そうに演じて欲しかったです(笑)ほんと、画面に出てるときはデカイんですがね(笑)

nyanさん、こんにちは。niceありがとうございます。

angeさん、こんにちは。niceありがとうございます。TB・・はされてないみたいです!!(笑)
あれは小泉ヘアーだったんですか??うわ、解りづらい(笑)
私は、髪型よりもおでこの広さが気になりました。
ほんと、イチャイチャシーンが削られててよかったですね。確か前作の天使と悪魔でも、女性とくっついてたような・・・手が早いのでしょうか(笑)

ジーコさん、こんにちは。niceありがとうございます。
原作は・・・大まかにしか説明してない箇所もあるにはあるので、どうでしょう?誰がどの団体(?)所属で、どのような力関係なのかが、もしかしたら解りづらいかもしれませんが、それは読んでいても解りづらいので、大丈夫かな??(大丈夫じゃないですよね・・笑)
ジャパンプレミアでの評判も悪かったんですか??
その賛否両論(否定派がちょっと勝ってる?)のお蔭で、大ヒットしてますよね~。

WIZARDさん、こんにちは。niceありがとうございます。
ピンクパンサー観ちゃいましたかぁ・・・。ほんと、同じ警察官の役で、場所も同じパリで、出てくるメインカー(?)も同じなのに、まったく印象の違う(笑)
そうそう!!スマートカーでも、どうしてもクルーゾーの運転が思い出されてしまって・・・(笑)笑う箇所ではないのに、思わず笑ってしまいました。スマートカー、始まる前の宣伝で女性を助けてるオーランド似の男性が気になってます。あ、全然関係ないことでした・・笑

twilightkumaさん、こんにちは。TBありがとうございます。
あちゃ~~、ガッカリしちゃったんですね??けっこう端折られてましたか?忘れてるとはいえ、一応流れを知っちゃってるので、どこらへんが端折られてるかがよくわからなかったです。
シラスは・・・ほんと、今ならどんな特殊なコンタクトも作成可能なんだから、原作どおりの色を再現してほしかったです。
ほんと、ただの色白の狂信者ですね(笑)

KANAchanMaMaさん、はじめまして。nice&TBありがとうございます。
私も気合を入れて初日に行ってしまいました(笑)
こうゆうムズカシイ系は、うろ覚え状態が一番よいかもしれませんね~(笑)流れはわかってるから、安心して物語を追いかけられるし。
あぁ、、、ピンクパンサーはあまりにも今回の役とギャップがありすぎるので。しかも強烈に(笑)一度観たら、もうきっと忘れられないかもしれないです(笑)
同じ舞台(パリ)に、同じ車に、同じ役柄・・・ぜひ比較してみてください。(ダ・ヴィンチ・・の後に見るなら大丈夫ですよ)
by まみりん (2006-05-23 18:05) 

ange

こんばんは~
ソネットさん、あまりにも重くてTBできてるつもりでしたm(_ _)m
天使と悪魔まだ読んでないんですが、ここでも恋?
あらあらあら。とんでもない教授ですね。削られてて良かった(*^^*)
この本も分厚いけど読まなきゃね。
by ange (2006-05-23 23:24) 

いくそむ

おじゃまします!
わぁ〜、私、本を読んだばっかりです。映画が楽しみ♪テレビも雑誌も「ダヴィンチコード」づくしで妄想が広がってます〜。
by いくそむ (2006-05-23 23:42) 

こんばんは~
観てきましたが、私も酷評派になりました(笑)
1週間前に原作を読んだばかりというのが悪かった気がしてなりませんが、どうにも頭の中にある展開とは違うし、各々のキャラクターが背負うモノがイマイチ映画からは見えてこなかったですね。
もっと単純に楽しめれば良かったんですけど…それもどうかなぁ~という印象がちょっとあります。
まぁ、本映画版に対しても思うところは私の記事に思う存分書いてしまったので、もしよろしければご覧になり意見でもいただければコレ幸いですね。そもそも私がダ・ヴィンチ・コードを読まさせていただいたのもまみりんさんのおかげですので、ありがたく思っています。
『天使と悪魔』も相当読みたいですもの(笑)
by (2006-05-24 01:26) 

まみりん

angeさん、おはようございます。TBありがとうございます。
お手数かけちゃってすみませ~ん。ほんと、動かない時って全然動きませんよね。で、自棄になってやってると、何個もTB送っちゃうとか(笑)
天使と悪魔も、とても面白かったと(うっすらと)記憶してます。上・下巻ですが、これも一気に読ませますね。

いくそむさん、おはようございます。niceありがとうございます。
読んだばっかりですか~~。観てがっくり・・・ってないことにならないことを祈ってます(笑)

トチオさん、おはようございます。nice&TBありがとうございます。
酷評派になっちゃったんですね~。そうですか、記憶新鮮でしたもんね。私は大まかな筋しか残ってなかったので、楽しめたのかもしれないです。
ダ・ヴィンチ・・あぁめちゃくちゃオススメしちゃってましたねぇ・・・すんません(笑)
天使と悪魔も面白いんですよ。でも・・・映画化は無理そう。制約が多すぎるだろうし、それでも無理して作ると中途半端になるし。
by まみりん (2006-05-24 08:57) 

さるしっちゃー

まみりん。おひさです~!なになに、ピンクパンサーを先に見るなって。2日にダ・ヴィンチを観にいく予定だったけど、前記事読んだら天邪鬼なあっしはピンク先に見たくなっちゃった。。。。

今晩の英語でしゃべらナイトはジャン・レノに谷原章介がインタビューするらしいので見ちゃいま~す。明日BIG RIVERが公開されるジョーくんも出演しやすっ。
by さるしっちゃー (2006-05-26 20:13) 

みやび

こんばんわん。
私原作未読だったお蔭かはわかりませんが面白かったです。
というかフジの特番が効いたのかもしれません。考えればあれ、ネタバレしてましたから。ユル~イ頭の私にはいい薬でした。
ただもうちょっと丁寧に描いて欲しかった感もありますね。オプス・デイの組織についてだったり、シラスの過去など。(P.ベタニー駄目でした?)
それからジャン・レノ演ずる警部も実は「、、、」だったのよね?不安…。彼も中途半端だったかな。
ソニエールとソフィーが絶縁するきっかけとなったあのエピソードですが、原作では詳細に書かれているんですよね?あのシーンじゃよくわからなかったので帰ってきて調べた(笑)
まみりんさんの“最後に一言”はそういう面も含んでのことなのかしら?あらら・・質問攻めになってしまいました。ごめん。
とにかく原作読め!ですね。ハイ読みます!
TB送りますね。
by みやび (2006-05-27 00:12) 

まみりん

さるしっちゃーさん、お久しぶりです!こんにちは。
あぁ、先に観るななんて書いたら、先に観たくなっちゃいますよね(笑)先に観ちゃってください!!
ダ・ヴィンチ観てるとき、きっと頭の中に違う画像が浮かん、でシリアスな場面で思い出し笑いすること間違いないです(笑)
ジャン・レノ、英語で・・に出たんですか~~。う・・見逃した。再放送チェックをしなければ。彼はサービス精神旺盛ですよね(それかとことん仕事を選ばない人なのか?)そうゆう所もいい感じです。
BIG RIVERは、全編英語のセリフなんですよね。こちらでは2週間遅れで上映されるみたいです。

みやびさん、こんにちは。映画はやっぱりダ・ヴィンチ・・を観に行ったんですね~。TBありがとうございます。
で、未読でも楽しめたんですね?特番ではネタバレしてたんですか~。あれも本を読んでるってのが前提だったのかもしれないですね。
説明不足な所は私も気づきましたが、流れを知ってる分『飛ばしてもいいか』な感じで気にならなかったのですが、やはり無理があったのでしょうか?
シラスの過去も、お父さんに詰られてる所がちょっと出て・・・でしたが、もうちょっと深く書かれてたような・・・?記憶にははっきりと残ってませんが(苦笑)
おじいさんの秘密の儀式の様子も、繰り返し出てきてたような・・・?
謎解きも、もうちょっと込み入ってたような・・・?
私の最後の一言は・・・主人公の男女が、何が何でもくっつかなきゃいけないって流れが、ちょーっとイヤだったので(笑)だって、天使と悪魔でもいちゃいちゃ(他の女と)してるんですよ?(笑)
by まみりん (2006-05-27 13:26) 

こんばんは~
まみりんさんの記事を読んだら「ピンク・パンサー」が猛烈に観たくなってきました(笑)
あ、言われてみればシラスは原作ではもっと冷酷で容赦ない感じでしたよね。全体的に登場人物を描ききれてなかった感があります。あの原作を2時間そこそこにまとめようとするとやっぱり仕方なかったのかなー。
「天使と悪魔」も映画化に向けて動き出したみたいですね。文庫本出ないかな。
by (2006-05-28 00:28) 

まみりん

merciさん、こちらにもnice&TBありがとうございます。
ピンクパンサー、是非観てください!!(笑)シリアスに観れない理由がわかりますから(笑)
原作そのまんまを満足いく形で映像化するのって、だいたい無理な話なんですよね。で、え??天使と悪魔も映画化されるんですか?ラングドンはトム・ハンクスでいくんですよね?あれも制約がむちゃくちゃ付きそうですよね。でも、、、楽しみです。
読み返そうと思ってるのですが、どうしても下巻が見つからなくて、今すぐ買うか文庫出るまで我慢するか、ちょっと悩んでます。
by まみりん (2006-05-29 09:21) 

うるる

やっと見たのでTBしました。
ポール・ベタニーもアルフレッド・モリーナーもいい感じだったと思ったんだけど・・・そんな根っからの悪役でもないし??
サーは確かに似合ってましたね。
天使と悪魔も読んでるんですね。もうすぐ(8日だったかな)文庫が出るそうですよ。買っちゃいます!(いや、夫に買わせよう)
by うるる (2006-06-05 21:46) 

まみりん

うるるさん、こんばんは~。TBありがとうございます。
特にベタニーの演じたシラスは、もっと冷静に冷酷だったような印象なんですよ~。だから・・・きっと誰が演じても演じ切れない役柄なんじゃないかなぁ??難しすぎますね~。
天使と悪魔、あれも撮影が難しそうです。なんか中途半端にならなきゃいいけど・・・各方面への配慮でね~・・・
文庫で出るんですか??うわぁ朗報です!!私下巻を見失ったみたいで(笑)、いや、家の中にあるのは確実なんですが、どこに紛れ込んでるのかがイマイチ・・・(苦笑)
by まみりん (2006-06-05 21:56) 

うるる

各方面への配慮・・・やっぱりダヴィンチコードもそうですよね。あんな大作にせずにミニシアター系で通向けにつくってくれるとおもしろいのに、ねえ。
思いっきり冷酷な役!であれば、やれそうな人は何人かいそうですよ(笑) でも、シラスはやっぱりピュアなところが残ってる(っていうか、とってもピュア)なんだと思うので、いい加減だったのかも。ただし、中身はともかく外見はもっとみんなが恐れる風貌・・・ここのところはやっぱり各方面への配慮ってとこじゃないでしょうか。

文庫出るんですよ。それもバラで。だから下巻だけ買うと安上がりですよ。でも、形そろいませんけどね・・・。
by うるる (2006-06-05 22:23) 

まみりん

あぁ~、その手があったのね!
大作にしないでミニ系にすればねぇ~。
問題作を精力的に配給している『ライオンズ・ゲイト』あたりに製作に加わってもらえば、なかなか大満足のミニ系作品に仕上がっただろうに・・・・
でも・・・色んな思惑がぶつかり合っちゃってたんでしょうね~。作者も忙しそうですし。

『ロード・オブ・ザ・リング』、これ文庫で揃えてたんですが、どうしても途中で売り切れが生じてしまい、やむを得ず大きいのを数冊買ってしまいました。だからね、本棚に並べられないの。またしても同じ失敗を?(笑)
ところで、TBが何故だか上手くいかないようです。なので、エラーの少なそうな時間に、再度トライしてみますね。
by まみりん (2006-06-05 23:18) 

うるる

2度目見てきたのでまたTBさせていただきました。
これでやっと落ち着きましたよ!(笑)

同じシリーズ本が型が違って並ばない・・・というのは、私は大沢さんの「新宿鮫」シリーズがそうなりましたねえ。ロードオブ~は読んでないんです。たしかたっくさんありましたよね!
by うるる (2006-06-07 20:03) 

うるる

ぎゃ~~だぶっちゃった。ごめん、1つ削って~!
by うるる (2006-06-07 20:05) 

まみりん

うるるさん、こんばんは~
落ち着いた?? 
私も原作を読み返してから観てみたいな~。きっとロングラン公演ですよね?本が帰ってきたらじっくり読もう。
今日『天使と悪魔』、本屋を見ましたがまだ出てませんでしたね。明日以降かしら??
私はものすごい駄作を観てきちゃって、その衝撃にボーっとしてます。
by まみりん (2006-06-07 23:23) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 58

Jの悲劇V フォー・ヴェンデッタ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。